Amazonでタイムセール会場をチェック!

子供が空けた障子の穴を「シール」で補修してみた!張り替えはおすすめしません

子供が障子に穴を空け始めた…


みなさん、障子に空いた穴ってどうしてますか?

小さい子供がいると、必ずと言っていいほど障子に穴を空けてしまうと思います。

そしてわが子もついに、ブスッと思いっ切り指で空けちゃいました…(笑)

きれいな障子に穴が空いてしまったのは少しショックではありますが、同時に「障子に穴を空けられるくらいの力がついたか!」と子供の成長に嬉しくもなりました!

ただ障子の穴をこのまま放置しておくのは、カッコ悪いですし、外から覗かれそうな気がして嫌ですよね…

張り替えは待った!「障子穴かくシール」での補修がおすすめ


穴が空いたことで障子の張り替えを考える方もいると思いますが、子供が小さなうちは何度も何度も空けてくるので、きりがありませんし、何度も張り替える労力も、費用も大変です。

そんなときに便利なのが「障子穴かくシール」

障子の穴を隠すことができるシールで、穴の上から貼ると穴が塞がり目立たなくすることができちゃいます。


僕が購入したのは花びら型のシールで、みすぼらしい穴がかわいい花びらに大変身!


素材も障子と同じ和紙なのもポイント。


花型が2枚と、白無地のシートが1枚付属していて、花型のシールで防げないような大きな穴は、白無地のシートを加工して使うことができます。


普通のシールと同じで、片面が粘着面になっているので、そのまま穴の上からペタッと貼るだけでOK!
障子の貼り替えとは比べ物にならないくらい簡単…!


亀裂の部分が透けて見えてはいますが、穴が空いたままよりも全然マシですし、空いた穴から覗かれる心配もいりません。

どんどん花が咲いていくのも面白い


これから続々と穴が空けられていくと思いますが、このシールを貼っていけば、どんどん花が咲いていくみたいな感じになると思うので、逆に穴を空けられるのが楽しみになってきました(笑)

一面花びらマークになったら、それはそれで素敵!
ただ子供の身長の届く下の方だけになりそうですね(笑)

まとめ

  • 子供が小さなうちはシールで対策しよう
  • 子供が大きくなったときに張り替えよう

子供が障子に穴を空けるのは当然のことで、大きく成長するまでは、障子は張り替えずにシールを貼って補修していく方法がおすすめです。

身長が伸びるに連れて穴の位置も高くなっていくのも楽しみですし、花びらが増えていくのもアートみたいでなかなかいいですよね。

そして張り替えは、子供大きく育って穴を空けなくなったときに張り替えるのがおすすめです!