「jpドメイン」はWHOIS代行できない?個人情報が公開されないドメイン会社があった!

「お名前.com」で「jpドメイン」を取得したが…

このブログとは別に、試しに新しいサイトを作ったのですが、少し大変な事件が起こったのでその話をします。

ドメインの取得時に、取りたいドメインの「.com」「.net」が使われていたので、仕方なく「.jp」で取得したのですが、これが厄介の始まり…

「.jp」は「WHOIS」の仕様に違いがあるんです。

WHOISとは

WHOISとは、ドメイン保持者のIPアドレスや氏名・住所などの登録者情報を公開して、誰でも閲覧できるように義務付けられることを言います。

正直ネットに個人情報を出すのは怖いですよね。

そんなときに便利なのが、「WHOIS代行」というサービス。

WHOIS代行を利用すると、ドメイン所得者の個人情報の代わりにドメイン会社の情報を公開してくれるため、ドメイン取得者の情報を公開しなくてもよくなります。

WHOIS代行申請したのに「本名」が公開されてる!?


「.jp」ドメインを「お名前.com」で所得し、しっかり「WHOIS代行」も設定して安心していたのですが、

「ちゃんとWHOIS代行してくれてるかな?」

と思って、WHOISの情報が調べられるサイトJPRS WHOISで検索してみると…

本名だけ出てるよ…!?

住所や連絡先は「お名前,com」の名前で代理公開されているのですが、本名の部分だけ僕の本名で公開されています…

JPRS WHOIS

「.jp」ドメインは本名表示が必須?

「.jp」の場合はWHOISで本名は公開するのが基本らしく、ドメイン会社の「WHOIS代行」を利用したとしても、本名だけは契約者の名前を出すところが多いようです。

それならそれで構わないのですが、ドメインを契約するときに教えてくれよ、お名前.com…

もしかしたら規約に書いてあって、見逃したのかもしれないが…

「スタードメイン」なら全ての情報を代行可能!


名前だけとはいえ、自分の名前をネットに上げるのは怖いので、ドメインを新しく作り直そうかなとも考えました。

ところが色々調べてみると、本名含む全ての情報を代行してくれるドメイン会社を発見…!

その名は「スタードメイン

スタードメインなら、契約者の本名もWHOIS代行で非公開にしてくれるとのことで、同じように被害に合われた人が結構ドメイン移管しているみたいです。

一刻も早く本名を隠したいので、すぐに移管手続きをしました!

「スタードメイン」へドメイン移管したら無事に本名が非公開に!


移管方法は省かせてもらいますが、「お名前.com」から「スタードメイン」に移管したら、無事に本名も非公開になりました!

これで本名もばれずに安心してブログができます…!

まとめ

  • 「.jp」より「.com」「.net」を使うのが無難
  • 「.jp」を使いたい場合は「スタードメイン」で取得すると本名まで代行公開しくれる

本名が公開されて、最初は戸惑いましたが、スタードメインにドメインを移管することで、本名も非公開になりました。

ドメイン移管も大変そうだと思っていましたが、思っていた以上に簡単で、誰でも簡単にできます。

ただ「.jp」よりも「.com」や「.net」で取得するのが無難ですね。
「.jp」は値段が高いだけでなく、こんな罠があったとは全然知りませんでした…

同じように、jpドメインを取得している方は、念のために自分のWHOISを確認してみましょう。

もし本名が公開されていたら「スタードメイン」に移管することをおすすめします。

スタードメイン