【故障】ニンテンドースイッチの修理費を調査してみた!

こんにちは、ナルヒデ(@narupodcom)です!

ニンテンドースイッチみなさんは持っていますか?

携帯ゲーム機として持ち運ぶこともできるだけでなく、テレビに繋げれば据置機のように大画面で遊ぶことができる夢のようなゲーム機です。

しかし高性能なため、これまでの携帯ゲーム機よりも随分と高額なので、壊してしまったことを考えると恐ろしいですよね…

今回は、ニンテンドースイッチの修理費をまとめてみたので紹介したいと思います。

ニンテンドースイッチ公式修理費用

Nintendo Switch 本体

症状 修理・交換箇所 価格(税込)
電源が入らない
電源が落ちる
画面が止まる
など
CPU基板 12,960円
液晶画面の割れ(ヒビ、液漏れなど)
電源が入らない
液晶画面の映像が正常に出ない
など
液晶ユニット 8,640円
スタンドの破損
スタンド 1,080円
画面タッチスクリーンが反応しない
バッテリー交換
など
CPU基板、液晶ユニット、スタンド以外の部品 4,860円

ドック

症状 修理・交換箇所 価格(税込)
TVに映像が出ない
カバーの破損
など
各部品 3,240円

Joy-Con

症状 修理・交換箇所 価格(税込)
ボタン操作ができない
バッテリー交換
など
各部品 2,160円

Proコントローラー

症状 修理・交換箇所 価格(税込)
ボタン操作ができない
バッテリー交換
など
各部品 4,212円

コントローラーやドックは、まだ修理費用が優しいほうですが、スイッチ本体の基盤交換になったり、画面割れがあった場合は、8000円以上はかかるみたいです。

恐ろしいですね…

買い替えた方がいい場合も


あまりに修理費用が高額になりそうで、もし新たに買ったほうが安く済みそうな場合は、買い替えたほうが賢明かもしれません。

修理に出せば修理費用がかかるだけでなく、しばらくは修理に預けなくてはならないので、その間はゲームができません。

修理期間は、時期や混雑具合にもよりますが、修理品到着後10日~14日ほどかかるとのこと。

買い替えてもそんなに金額が変わらないなら、買い替えたほうが修理期間も必要ないので、またすぐにゲームを遊ぶことができます。

そんなにかからなそうなら修理がいいですが、買い替えた場合、破損箇所以外の部分も新品になるのでおすすめです。

アクセサリーでニンテンドースイッチを守ろう

修理または買い替えても、また落下などさせてしまえば、再び故障する恐れがあります。

そこでニンテンドースイッチを守るアイテムを使って、少しでも故障のリスクを減らしましょう。

ケース

持ち運びのときにケースに入れることで、安全に持ち運ぶことができます。

柔らかいケースよりも、硬めのケースを選んだほうが頑丈でおすすめです。

ガラスフィルム

スマートフォンでも人気なガラスフィルムです。

ガラスでできた硬いフィルムを貼ることで、画面を傷や強い衝撃から守ります。

まとめ

  • 買い替えたほうが安そうなら買い替えがおすすめ
  • アクセサリーで故障リスクを減らそう

以上、スイッチが故障した場合の修理費用をまとめました。

ニンテンドースイッチは本体が高額なことから、修理費用もそれなりにかかります。

下手すると修理費用のほうが高いなんてこともありえるので、この修理費用を見て高額になりそうなら、新たに買い直すのも手だと思います。

また壊れないように、ケースやガラスフィルムで本体を守るのも大切です。