Proコントローラーの「白い粉」対策をしてみた!【ニンテンドースイッチ】

Proコントローラー 粉

Proコントローラーのスティック周りに「白い粉」が発生


こんにちは、ナルヒデ(@narupodcom)です!

ニンテンドースイッチのProコントローラーを買って使っていたのですが、スティック周り(とくに左スティック)に白い粉が発生していました…!

Joy-Conのほうには何もでないんですが、プロコンではすごい出るんですよね。

白い粉はコントローラーが削れて出たもの


白い粉はスティックか、スティックが当たる本体のプラスチックが削れて発生したものみたいです。

スプラトゥーンで酷使させすぎたかな…(汗)

内部に入り込むと、故障の原因にも

白い粉がコントローラー内部に入り込むと、接触不良を起こして左スティックの効きが悪くなったり、最悪の場合は操作ができなくなることもあるそうです。

ネットで調べてみても、この症状を起こして修理に出す方も多いです。

「シリコーングリス」を塗ると白い粉の発生を抑えられる


定期的に粉を除去してあげるのもいいのですが、それでもコントローラー内部に少しずつ入り込んでしまって、いつか壊れてしまう可能性が高いです。

そこで粉の発生を抑えることができれば、コントローラーも長持ちさせることができるので、その対策を行いたいと思います。
今回はプラスチック素材が削れてしまうのが原因なので、潤滑剤を塗って滑りをよくして、摩耗を防ぐ方法です。

潤滑剤といっても、KURE 5-56などの油の潤滑油だと、プラスチックを劣化させたり故障してしまう恐れがあるので使用できません。

「シリコーングリス」という潤滑剤なら、プラスチックなどにも使用できるので、コントローラーを痛めることなく摩耗を防げるんです。

しかも、このシリコーングリスはわずか300円ほどで購入できるので、お財布にも優しいです。

白い粉対策方法

1. 掃除機で白い粉を吸い取る


まずは掃除機と綿棒で白い粉を綺麗に掃除します。
エアダスターなどで吹き飛ばそうとすると粉が内部に入り込んでしまうので、絶対に掃除機と綿棒で吸い込みながら掃除しましょう。

綿棒じゃなくても歯ブラシなどでも大丈夫です。

掃除後、ここまで綺麗になりました。

2. 「シリコーングリス」を塗る


掃除が終わったら、シリコーングリスを塗ります。

綿棒に少量のシリコーングリスをつけます。

先ほど掃除に使用した綿棒ではなく、新しい綺麗な綿棒を使用しないといけません。

スティックの軸部分に塗ります。

多量を塗ってしまうと内部に流れこんだり、ゴミが付着する原因にもなるので、薄く塗るのがポイントです。

左スティックが終わったら、右スティックにも同じように塗布します。

【効果抜群】白い粉は出なくなった!


シリコーングリスを塗布してから試しにプレイしたところ、滑りが非常に良くなり、スティックをぐるっと回す動作がすごく滑らかで、ゲームがしやすくなりました!

しばらく遊んでみたあとでスティックを確認しましたが、白い粉も一切発生しておらず、スティックの軸が白っぽくもなっていませんでした!

時間が経つと効き目が悪くなる恐れもあるので、定期的に塗るのがいいと思います。

まとめ

ニンテンドースイッチのProコントローラーは、7000円以上と高価ですが、少し壊れやすいのが気になります。

壊れるたびに買うのも大変なので、シリコーングリスによる予防をおすすめします。

シリコーングリスはわずか300円ほどなので、気になっている方はぜひお試しください。

改善されたProコントローラーが出れば一番いいのですが(;´∀`)

関連記事