防水ケースに入れたiPhone 7/8で、ホームボタンを押す方法!

iPhone 7/8は防水ケースに入れるとホームボタンが押せなくなる!?


こんにちは、ナルヒデ(@narupodcom)です!

これまでのiPhoneのホームボタンは物理ボタンでしたが、iPhone 7/8ではホームボタンが静電容量式センサーを搭載した「感圧式ホームボタン」になりました。

感圧式ホームボタンは、前よりもカチカチした音がなくなって使いやすくなったのですが、1つ注意しなければいけないことがあります。

それは、防水ケースに入れるとホームボタンが押せなくなることです。

お風呂で使う場合は、防水ケースに入れて使うと思いますが、iPhone 7/8の場合は、ホームボタンが押せなくて、このままだとお風呂で使えないんです。

薄めの防水ケースなら使える場合もあるみたいですが、少し厚いタイプだと押せません。

しかし、どんな防水ケースに入れてもホームボタンを使う方法があるので、紹介したいと思います!

※写真はiPhone 6sで実験しています

防水ケースに入れた状態でホームボタン(の役割)を押す設定方法


iPhoneで「設定」を開き
①「一般」を選択
②「アクセシビリティ」を選択


③「AssistiveTouch」をONに
④「3D Touch」を選択
⑤「ホーム」にチェックマークを入れる
⑥ 「AssistiveTouch」に戻る


⑦「アクセシビリティ」に戻る
⑧「ショートカット」を選択


⑨ 「AssistiveTouch」にチェックマークを入れる

以上で完了です!


擬似ホームボタンが画面上に現れて、ホームボタンの代わりにこれを押すことでホームボタンを押したことになるんです!

使い方

1. 防水ケースに入れる前に、あらかじめ「AssistiveTouch」を有効にしておく

まずこれをしておかないと、防水ケースに入れても操作ができません。

先ほどの設定を完了させた状態だと既にAssistiveTouchのアイコンが画面上に表示されていると思いますが、ホームボタンをトリプルクリック(3回連続で押す)すると、AssistiveTouchの表示・非表示の切り替えができます。

防水ケースに入れておく前に、画面上にAssistiveTouchが表示されているのを確認してから入れましょう。

防水ケースで使わないときは、AssistiveTouchが画面に残っていると少し邪魔になるので、ホームボタンのトリプルクリックで非表示にするといいです。

2. 防水ケースにiPhoneを入れる

AssistiveTouchが表示されている状態ならあとは、防水ケースに入れます。

3. 電源を入れるときは「スリープボタン」を押す

防水ケースに入れるとホームボタンが押せなくなるので、スリープボタンを押して電源を入れます。

4. AssistiveTouchは「3D Touch」で押すと、まさにホームボタン


「3D Touch」とは iPhone が画面に加えられた圧力の大きさを感知し、機能に応じたメニューを表示したりすることができる機能です。

仮想ホームボタンを押すときは、少し強めに押しましょう。
普通にタップするだけだと、仮想ホームボタンのメニューが表示されてしまい、1クッション余計な手順が増えます。

3D Touchで強めにAssistiveTouchを押し込むと、ホームボタンを押すのとまったく同じ動作になるので、違和感なく操作できます。

※対応機種:iPhone 6s/iPhone 6s Plus 以降の iPhone(iPhone SEを除く)

ホームボタンの機能以外にも色んな機能が使えて便利


3D Touchで押すと、ホームボタンを押したのと同じ効果でしたが、3D Touchを使わずに、軽くタッチすると、ホームに戻る以外にもSiriや通知を開くことができます。
この画面はカスタマイズもできるので、自分のよく使う機能をまとめると便利です。

まとめ

iPhone 7/8、7/8 Plusの方で、防水ケースに入れて使いたい場合はこの方法で完璧に使えます。

お風呂で使わなきゃいいじゃんと言われてしまいそうですが、やっぱりお風呂でスマートフォンを使いながらゆっくり湯船に浸かりたいんですよね(笑)

あとiPhone 7/8は標準で防水にも対応しているので水には強いのですが、お風呂の水蒸気などにはあまり強くはないようなので、防水ケースに入れて使用することをおすすめします。

ちなみにiPhone Xだとホームボタンレスになったので、防水ケースに入れてもそのまま使えます。

関連記事