「めぐりズムアイマスク」と「あずきのチカラ」どっちがいい?それぞれの特徴まとめ!

最近、パソコンやスマートフォンが普及した影響もあり、スマホ老眼など眼精疲労を感じている方も多くなりました。

僕もその中の一人で、夕方くらいになってくると眼精疲労を感じてピントが合わせづらくなってきます。

このままだとまずいと思い、目にいいというホットアイマスクを試してみたところ、前よりも目の疲れを軽減させることができました。

ホットアイマスク最高!!

そしてホットアイマスクは、「めぐりズムアイマスク」と「あずきのチカラ 目もと用」の2つが有名ですが、今回はどちらがいいのか、それぞれのメリットをまとめてみました!

「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」の特徴

  • 袋から出すだけでアイマスクが温まり、どこでも使える
  • 使い捨てなので、使い終わったらそのまま捨てれる
  • 約40℃の温熱と心地よい蒸気が、目と目元をやさしく包み込む
  • 持続時間は20分と長持ち
  • 耳かけつきで、座りながらでも、横になりながらでも、どんな姿勢でも使える

よくCMでも見かける「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」です。

こちらは使い捨てタイプで、ホッカイロのように袋から取り出すだけでアイマスクが発熱して、どこでも使用することができます。

従来は10分間の持続時間だったのが、今は進化して20分も持続するようになっているんです。

使い終わったらそのままゴミ箱に捨てられるので、仕事や旅行先での使用にも向いています。

「あずきのチカラ 目もと用」の特徴

  • 100%あずきを使用。使用中あずきの香りが漂う
  • 電子レンジで加熱するだけですぐに使える
  • 繰り返し250回使えるので経済的
  • 持続時間は約5分

使い捨ての「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」とは違い、電子レンジで加熱すると温まり、250回まで繰り返し使用できるアイマスクです。

1000円ほどで購入できるだけでなく250回も繰り返し使えるのでかなり経済的です。

また100%あずきを使用しているので、目を温める効果だけでなく、あずきのいい香りが漂い癒されます。

結局どっちがいいの?管理人が両方使ってみての感想

コスパがいいのは「あずきのチカラ 目もと用」

「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」は12枚入りで1000円くらいはするので、毎日使うとなるとそれなりの費用がかかります。

それに対し、「あずきのチカラ 目もと用」は1000円ほどで購入できて、さらに250回ほど繰り返し使用できるので、一度購入してしまえば毎日使用しても半年以上は余裕で使える計算になります。

コスパを重視する場合は圧倒的に「あずきのチカラ 目もと用」をおすすめします。

使勝手がいいのは「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」

使勝手がいいのは圧倒的に「めぐりズム」のほうです。

「あずきのチカラ 目もと用」は電子レンジがないと使えませんが、「めぐりズム」はホッカイロのように袋を開封するだけで発熱して使えるので、場所を選ばず好きなときに利用できます。

そのため仕事や、長距離ドライブの休憩などのシーンで重宝します。

また「あずきのチカラ 目もと用」は支えるものがないため、仰向けの状態で使用するしかありませんでしたが、「めぐりズム」は耳かけつきなので、座りながらでも、横になりながらでも、どんな姿勢でも使えます。

高速バスなどの仮眠を取りたいときなどにもいいですよね!

衛生的にいいのは「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」

「あずきのチカラ 目もと用」は約250回も繰り返し使えるので経済的ではありますが、同じ物を何回も使用するので、衛生的に優れているのは使い捨ての「めぐりズム」のほうです。

目もとを温める商品なので、汗もかきますし、洗濯もできないので、長く使用していると汚れが気になってきます。

「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」は使い捨てなので、毎回新しい新鮮なものを使うので安心です。

効果はどちらもあるが、「めぐりズム」のほうが有利?

どちらも長く使いましたが、両製品とも目の疲労に対して効果を感じました。

しかし持続時間に結構な差があるので、長時間持続する「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」のほうがより効果があるように感じます。

「あずきのチカラ 目もと用」が5分なのに対し、「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」は20分も持続。

約4倍も長く持続するので、「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」のほうがじっくりと癒すことが可能です。

しかし20分もあると、高確率で眠ってしまうので仕事の休憩中などや大事な用事の前には注意しましょう…(笑)

まとめ

  • どちらも癒し効果はあるが、「めぐりズム」のほうが持続時間が長い
  • 繰り返し使える「あずきのチカラ」のほうが経済的
  • 使勝手がいいのは「めぐりズム」

個人的には「めぐりズム」のほうが使勝手もよく、どこでも使用できるので気に入っています。

しかし「めぐりズム」は毎日使おうとするとそれなりの出費になるので、普段は「あずきのチカラ」、忙しいときや出張や旅行のときのみ「めぐりズム」というふうに併用して使い分けています。

どちらにもメリットデメリットがあるので、僕のように両方併用するのは結構おすすめです!