Apple Pencilは充電しながら使うことはできるのか?検証してみた

こんにちは、ナルヒデ(@narupodcom)です!

Apple Pencilを先日購入して使っていますが、一言で言ってApple Pencilは最高です。

書き心地がまるで本物のペンに近いので、本物のペンで書いているような錯覚を覚えることもありますし、iPadで手書きができるデジタルノートとして使えたり、画像や資料に注釈を書き入れられたりと、本当に便利なんです。

今回はApple Pencilでの疑問が1つ生まれたので、実験してみました。

関連記事

Apple Pencilは充電しながらでも使えるのか?

Apple Pencil充電
Apple Pencilはバッテリーが内蔵されていて、バッテリーが無くなった状態では使えません。

そんなときに思ったのが、「Apple Pencilは充電しながら使えるのか?」ということ。

充電しながら使うようなシーンはあまり思いつきませんが、実際に使えるのかどうか気になったので試してみたいと思います。

iPhone付属のLightningケーブルと、Apple Pencilを、付属コネクタを使って繋ぎます。

見た目は置いておいて、あとはiPadの画面に書き込んでみます。

【結果】充電しながらは使えない!

Apple Pencil充電しながら
結果は、残念ながらケーブルで充電した状態では、まったく書けませんでした…!

まあ実際に使えたとしても、ケーブルが邪魔で書きにくいですよね(笑)

またApple Pencilはバッテリーの持ちも悪くありませんし、使用途中にバッテリーが切れたとしても、iPad本体にぶすりと挿して15秒チャージするだけで約30分使えるようになります。

ケーブルで充電しながら使えなくても、まったく困ることはなさそうです。

読んでいただきありがとうございました!

関連記事