Kindle Unlimited、199円で2ヶ月利用できるキャンペーン実施中!

「新型スイフトスポーツ」はATとMTどっちが人気?それぞれの違いをまとめてみた!

スイフトスポーツ

最近とても気になっている、すごい車があります。

その車は

「新型スイフトスポーツ」です。

1.4Lターボエンジン搭載で、200万円を切るサプライズ価格は凄すぎませんか?

早速、ディーラーで試乗してきたのですが、まだ入ったばかりの試乗車なのに、人気すぎて試乗車の走行距離がすごい距離数になっているみたいです(笑)

そんなスイフトスポーツですが、購入したいけどATとMTのどっちを買おうか迷ってる方も多いそうです。
家庭や環境の都合でMTは難しいという声もよく聞きます。

そこで今回は新型スイフトスポーツ(ZC33S)のATとMTのメリット、実際にどちらが売れているのか調査してみました!

スイフトスポーツで「MT」のメリット

車を自由自在に操る操作感

MTはやっぱり自分でクラッチとギアを自由に操作できることですよね。
1.4Lのパワフルなエンジンを乗せた1トンを切る軽量な車を、MTで自由自在に操れことは間違いなく楽しいです。
実際にMTの試乗車に乗ってきましたが、めちゃくちゃ楽しかったですよ。

価格がATより安い

MT AT
1,836,000円 1,906,200

ATとMTで価格差のある車種も多いですが、スイフトスポーツではATとMTで、約7万円違うんです。
ミッションだけの違いで7万円は結構悩みます。ATでもコスパが十分高いですが、そのATより安いMTはもっとすごい。

ATよりも車重が軽い

MTは車両重量が970kgで、ATは990kgなので、MTはATよりも20kg軽くなっています。
どちらも1トンを切っているので、ターボエンジンのスポーツカーとしては超軽量ですが、フロントの20kgは、わずかですがコーナー性能に差が出るかもしれません。

スイフトスポーツで「AT」のメリット

「6速AT」なので、先代のCVTよりも加速がいい

前モデルのスイフトスポーツはCVTでしたが、今回は6速ATに変わったので、CVTよりダイレクト感ある走りが楽しめるようになります。
しかもスイフトスポーツのATはコーナー手前ではシフトアップしないようになっていたりと、スポーティーにチューニングされているので、鋭い加速が可能なようです。

CVTのときにもパドルシフトによる7速変速ができましたが、擬似的な変速だったため、MTと比べると加速が劣っていました。
今回は6速ATなので、パドルシフトによる変速が、CVTのときよりもダイレクトにギアの切り替えができて楽しそうです。

長距離を走るときはATで、走りたい気分のときはパドルシフトで走ったりと、シーンによって使い分けられるのがいいですよね。

AT限定の人でも乗れる

僕の場合はこれが問題なんです。
妻がAT限定免許のため、MTスイスポを買ってしまうと、どうしても妻が運転しないといけない場面で乗ることができません。

スイフトスポーツを買ったとしても妻がこの車に乗ることは滅多にないと思いますが、駐車場の関係で少し車をずらしてもらいたい時に、MT車は発進すことすらできないので、いざという時に困ります。

ATなら、AT限定免許でも乗れるのでその辺は安心です。

またドライブ行くときにも、ATなら友人や家族で交代してもらえることもあります。
ただスイフトスポーツに乗る人は運転が好きだと思うので、ずっと自分で運転したい人が多いかもしれません(笑)

自動ブレーキの機能をフルに活かせる(オプションで付けた場合)


スイフトスポーツは衝突防止機能の「デュアルセンサーブレーキサポート」をオプションで付けられますが、MT車の場合「誤発進抑制機能」の機能が使えません。
この機能はアクセルの踏み間違えなどによって障害物に接触を抑制してくれる機能です。
ただ、MTだとクラッチ操作も必要なこともあり、ATよりは事故事例が少ないらしいので、なくても問題ないかな?

ディーラーで売れているのは「MT」

スイフトスポーツ
ディーラーに試乗をしにいったときに、スズキの営業の人に聞いてみたところ、スイフトスポーツを買われている方の半分以上の方はMTを契約をされているという結果でした。

他のスポーツカーから乗り換える人も多いそうなので、そのことからMT比率が高いのだと思います。

まとめ

実際に新型スイフトスポーツを試乗してきましたがすごい車でした!
試乗コースが混んでいた道だったので、残念ながらターボの加速はそこまで味わえなかったのですが、コーナーではスイスイと気持ちよく曲がり、路面にしっかり吸い付くような安定感がすごく、速度を出していなくてもワクワクする車です。
もっとターボを活かせる道で乗ってみたかった…!

また見た目も迫力あるデザインで、デザインだけでもスポーツカーの雰囲気が伝わってきました。

僕は買うとしたら、家族の都合でATになりますが、ATでも十分楽しいと思います。
先代のCVTと違って今回は6速ATなので、ダイレクト感も全然違うみたいですし、パドルシフトもCVTの擬似的な変速と違い、6速ATの切り替えが可能なので、よりMTっぽく乗れることは間違いありません。

よくATのスポーツカーを「ださい」という声も聞きますが、僕はそんな風にはまったく思いません。
GT-R R35もMTはありませんし、ATしか設定してないスポーツカーもあります。

ATでも普通の車よりも運動性能は雲泥の差がありますし、シフトを操作して速く走ることだけがスポーツカーではないと思っています。ATのほうがハンドル操作に集中できるというメリットもあります。

最後に、スイフトスポーツはMTもATもどちらも完成度が高い車なので、どちらを選んでも後悔はしないと思います。

簡単でしたが、悩んでいる人に参考になれば嬉しいです!

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック