PS4のリモートプレイをMacBookで遊ぶ方法!

PS4リモートプレイ MacBook

PlayStation4には、「パソコン」や「PS Vita」や「Xperia」から、ネットワークを使って遠隔でゲームをプレイすることができる「リモートプレイ」という機能があります。

そんな便利なリモートプレイをMacBook Pro(2016)で利用してみたので、設定方法と使ってみた感想をまとめてみようと思います!

リモートプレイ設定方法

1. パソコンにリモートプレイ用ソフトをインストール


まずはMacBookにリモートプレイ用のソフトをインストールします。

Windows、Macどちらにも対応してます。

対応OS

  • Windows(8.1、10)
  • Mac(OS X Yosemite以上)

▼リモートプレイソフトは公式サイトからダウンロードできます▼

2. USBケーブルでパソコンとコントローラーを繋ぐ


パソコンとデュアルショック4をUSBケーブルで接続します。
MacBook/MacBook Proでは、USB Type-C端子しか備わってないので、そのままだとPS4に付属のUSBケーブルでは繋げません。

そこで従来のUSB端子を、USB Type-Cに変換するアダプタがあるので、それを使いましょう。

僕はApple純正のUSB-Cアダプタを使いました。

3. PS4側の設定

  1. PS4を起動させて「設定」を開く
  2. 「リモートプレイ接続設定」へ
  3. 「リモートプレイを有効にする」にチェックを入れる

4. パソコンの側の設定

  1. PS4の電源を入れる・またはスタンバイモードにする
  2. 「PS4リモートプレイ」ソフトを起動させる
  3. 「はじめる」を選ぶ
  4. Sony Entertainment Networkのアカウントでサインインする

設定は以上です。
ログインをして、パソコンの画面にPS4の映像が表示されれば完了です!

実際にリモートプレイしてみた感想

全然違和感なく遊べる


実際にやってみるとまったく違和感なくプレイできます。
コントローラーが同じものが使えるのが大きいですね。

遅延もほとんどなく、アクションゲームも全然いけます。
ただ、まったく遅延がないという訳ではないので、遅延があると厳しい格闘ゲームやリズムゲームでは支障が出るかもしれません。

画質は普通のPS4なら「720p」までで、PS4 Proなら「1080p」まで画質を上げられます。
僕のは普通のPS4なので720pまでしか上げられませんが、それでも十分すぎるほどキレイに表示できています。

外出先からでもプレイできるのはヤバイ


ノートパソコンとコントローラーとケーブルさえあれば、PS4は家に置いたままで、外でも遠隔でプレイできるのは凄すぎます。
とくに出張が多くて中々ゲームができないという方は、出張先の宿でプレイできるので、かなり使えると思います。

ただリモートプレイ中は多大な通信を要するので、できるだけWi-Fi環境で使用したほうがいいです。

まとめ

PS4を持っている方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
僕の周りでもリモートプレイの存在を知らない人も多く、実際に試すとみんなビックリします(笑)

モンハンワールドなんかは、PSPや3DSみたいにパソコンを持ち寄って遊ぶこともできちゃいますよね(・∀・)

iPhone・iPadでもリモートプレイが使えた!

PS4 リモートプレイ R-Play iPhone
パソコンやPS Vitaなどの決まった機器でしか遊べないと思っていたリモートプレイがiPhone・iPadのiOS端末でも遊ぶことができました!

▼詳しくはこちらの記事で紹介しています▼