低価格でジャスチャー機能搭載マウス「Logicool M336/M337」【レビュー】

Logicool M336/M337

僕はMacBook Proを使っているのですが、Macのトラックパッドは優秀すぎて、マウスと同等かそれ以上に使いやすいんですよね。

しかし画像編集など、作業によってはトラックパッドよりもマウスのほうが使いやすい場面もあります。

そこで、そういう作業のときだけマウスを使おうと思い、Apple純正のマウス「Magic Mouse」を買おうと思ったのですが、1万円もするんです…

常用するなら購入するんですが、普段はトラックパッドを使い、トラックパッドでは難しい作業のときだけマウスを使うといった使い方だと、使う頻度が少なくて購入するには少しもったいない。

そんなときに、リーズナブルで、機能もMagic Mouseに引けを取らないくらいのBluetoothマウスを見つけたので買ってみました!

Bluetoothマウス「ロジクール M336/M337」がコスパも優れたマウス!


安くて、Magic Mouseみたいに色々な機能が使えるマウスを探していると、ロジクールのM336/M337が同じように使えるマウスだということを発見。

M336とM337という型番の違いがあるようですが、機能はほぼ同じなようで、色のバリエーションや販売店の違いで分かれている?ようです。

僕が買ったのはM336のブラックです。

本体外観





マウス本体はとてもシンプルで、小型なマウスです。
黒い部分はラバーグリップといって滑りにくい素材になっているので、握り心地もすごくいいです。

しかも電池を含めても重さが「82g」と、とても軽量で使いやすい。

サイドボタンなどもなく、外見はいたって普通のマウスに見えますが、ホイールの下に付いている「四角いボタン」に、すごい秘密があるんです!

「ジェスチャー機能」と「チルト機能」でMagic Mouseっぽく使える!

「ジャスチャー機能」


このマウスのすごいところは、ホイール下に付いている四角いボタン「ナビゲーションボタン」を押しながら上下左右に動かすと、各方向に設定した機能を素早く開くことが可能なんです。

Magic Mouseはマウスの表面でジェスチャー機能が使えますが、このマウスでも同じように、ジャスチャー機能が使えるんです。

僕はトラックパッドと同じように設定してみました。
ジャスチャーボタンを押しながら上方向にマウスを動かすと「Mission Control」が起動し、左右に動かすと複数のデスクトップ画面の移動ができるように設定しました。

「チルト機能」


ジャスチャー機能の他にも、ホイールの「チルト機能」も搭載しています。

チルト機能とは、ホイールを左右に動かすと、ブラウザで「戻る」「進む」を割り当てたりでき、とても便利な機能です。

ジャスチェー機能と組み合わせてると、このマウス1つで数多くの機能が使えるので、作業が一段と捗るようになりました。

僕はチルト機能には、ブラウザの「戻る」「進む」を割り当てました。

単三乾電池1本で、最長10カ月使用できる!


バッテリーは単三電池1本だけで使えるのですが、なんと最長10カ月も持ちます。

使用環境や使用頻度により上下はありますが、1本でこの省エネ性能はすごくないですか?

ワイヤレスマウスはバッテリーが切れそうといういことで敬遠されてしまいがちですが、10カ月も使えるなら、バッテリー切れの心配もそこまでいりません。
しかもロジクールのソフトで、バッテリー残量も確認することもできます。

しかも単三電池一本だけなので、マウスも軽くて、手が疲れにくいというメリットもあります。

リーズナブルでコスパが良い

これだけの機能がありながらも、価格はなんと2000〜3000円ほどなんです!

見た目は少しチープな感じもしますが、非常に使いやすく、ジャスチャー機能とチルト機能のおかげで、10000円くらいもするMagic Mouseに引けをとりません。

まとめ

Logicool M336/M337
わずか2000〜3000円で買えて、Magic Mouseみたいに色々な機能が使えるので、Magic Mouseのタッチ操作がちょっと…という方と、価格に悩んでる方にピッタリなBluetoothマウスじゃないでしょうか!

メインのマウスとしても全然使えますし、MacじゃなくWindowsでもジェスチャー機能が使えるので、MacユーザーWindowsユーザー共におすすめです!

関連記事