iPhone Xの知らない人が多い便利な神機能!

iPhone X

iPhone Xを使い始めてから、早2週間が経ちました。

iPhone Xは画面が大きくなり、ホームボタンがバーになったのと、指紋認証が顔認証に変わっただけだと思っていましたが、実際に使ってみると細かいところもあちこち進化していて使い勝手が大幅に向上しているのがわかりました。

そんなiPhone Xの思わぬ魅力を知らない人も多いと思うので紹介していきます!

バーのスライドで、アプリの切替えが一瞬でできる


iPhone Xに変えて一番よかった機能がこの機能です。
iPhone Xに変えて3日くらいはまったく気付かない機能でしたが、気付いたときは便利すぎて開いた口が閉まらなくなりましたw

これまでのiPhoneだと、ホームボタンを2回連続して押すか、3D Touchを搭載しているiPhoneで画面左上を強く押し込んだときに、マルチタスク機能の使っていたアプリがずらーっと表示されて、アプリが切り替えられました。

ところがiPhone Xの場合は、なんとホームボタンの代わりに表示されているバーを左右にスライドさせるだけで、直近に使用していたアプリを瞬時に切替えることが可能なんです。

これにより、ブラウザで調べた情報をコピーしてメモアプリに貼り付けたりする、2つのアプリを切替える作業が、圧倒的に早くなります。

この機能だけのためにiPhone Xに変えても後悔しないかもしれませんw

ロック画面に通知されたメッセージの内容を、持ち主にだけ表示してくれる

これまでのiPhoneはロック画面のメッセージの通知って、「新着メッセージあり」のような内容が見えないタイプか、「牛乳買ってきて」のようなメッセージの内容が丸見えのタイプの2種類の設定しか選べませんでした。

内容が見えるほうは、いちいちiPhoneのロックを解除して、アプリを開かなくても、瞬時に内容が見えるのは便利ですが、iPhoneを置いたまま通知がきてしまうと、他人に内容が見られてしまう危険性がありました。

ところがiPhone Xは違うんです!
Face ID(顔認証)に使用するために搭載されたTrueDepthカメラが、持ち主かどうか判断し、持ち主がいないときは「新着メッセージあり」と表示し、持ち主が覗いたときのみ「牛乳買ってきて」とメッセージの内容が表示されるんです。

この機能、地味に便利じゃないですか?
プライバシー的にも安心です。

iPhoneを見ているときは画面が消えない

この機能もものすごく便利です。
Face ID(顔認証)に使用するために搭載されたTrueDepthカメラが、iPhoneを使用している間、使用者の顔をずっと感知しています。
これにより、iPhoneを使っているときは操作しなくても画面が消えないのです。
これまでのiPhoneは、画面に表示されているものを読んだりしていても、指での操作が一定時間行われないと、画面がきえてしまいました。

電子書籍や資料などを読む作業では、大変便利な機能です。

iPhoneを見ているときは通知音が小さくなる

通知音の音量って難しいですよね。
小さすぎると気付かなくなり、大きすぎるとiPhoneを使用しているときに鳴るとびっくりしてしまいます。

iPhone Xなら、iPhone使用中は通知音が小さくなります。
寝る前に布団の中で使っているときなど、通知音で目を覚まされることがなくなるのはありがたい。

まとめ

以上、実際に使ってみて便利だったiPhone Xの機能でした。

ホームボタンがなくなることで、使い勝手が悪くなると思っている人も多いですが、実際にはその逆で、使いやすさが上がり非常に満足しています。
とくにホームボタンの代わりに表示されているバーでのアプリ切り替えが便利すぎて、もうホームボタンのiPhoneには戻れないくらいです。

iPhone 8/8 Plusと迷っている人は、店頭デモ機で、こういった機能も確かめてみるといいですよ!