【レビュー】「iPad Pro 10.5インチ」と「Smart Keyboard JIS」でパソコンの使用頻度が激減した!

二年以上使っていたiPad Air2からiPad Pro 10.5インチモデルに買い替えました。

iPad Air2で特に困っていなかったのですが、Smart Keyboardを使ってみたかったのと、iOS11でパソコンに近い使い方ができるようになったの奮発して買い替えてみました。

選んだモデルは、10.5インチの中で一番安い、Wi-Fiモデルの64GBです。
色はスペースグレーです。

セルラーモデルも検討しましたが、外にiPadを持っていくことがそんなになく、いざ外で使うときも、iPhoneのテザリングで簡単にネットに繋がるので、値段の安いWi-Fiモデルを選びました。
容量は64GBのAir2でまったく困らなかったので今回も64GBです。

パッケージ、外観レビュー




やっぱり新品を箱から出したときはテンション上がりますね!

今回選んだのはスペースグレーなので、画面のベゼルは黒になります。
またWi-Fiモデルのため、アンテナ用のラインはありません。

10.5インチにサイズアップ


9.7インチから10.5インチになりましたが、ベゼルが狭くなったので、ほんの少しだけ大きくだけで、持った感じはほとんど変わりません。

単体だとぱっと見ても分かりにくいのです、このように2台並べてみると縦の長さが違っているのがわかります。

カメラはでっぱりカメラ


9.7インチのProもそうでしたが、カメラがiPhone同様にでっぱりカメラになりました。
僕はケースを使うので、でっぱりは気になりませんが、裸で運用する人は、机に置いた時などガタガタして少し気になるかもしれません。

「Smart Keyboard JIS」も一緒に購入


Air2から乗り換えた一番の理由は「Smart Keyboard」が使えるようになるからです。

しかも今回は「JIS」も選べます。
MacBook Proも持っていますが、こちらもJISキーボードなので使い慣れたJISキーボードを選びました。


裏面は畳んだ状態のときに画面を保護する役目もあるので、柔らかい素材になっています。

iPadとの接続は中にマグネットが内蔵されているので、ピタッと簡単にくっつきます。

広げるとキーボードが顔を出し、ノートパソコンに近い見た目になります。

横から見ると三角状になった部分がディスプレイを支えています。
とても安定しているの倒れることはありません。
またノートパソコンよりも省スペースなので、狭い場所でも使いやすいです。

10.5インチにサイズアップして「Split View」が見やすくなった

iPadの標準モデルは初代からずっと9.7インチを採用していましたが、今回は10.5インチにサイズアップしました。

使う前は0.8インチの違いじゃそこまで違わないと思っていましたが、2つのアプリを並べて同時に使うことができる機能の「Sprit View」を使用したときの見やすさが一気に上がりました。

9.7インチのときは「Sprit View」を使うと、1つ1つのウインドウが小さくて、たまにしか使用していない機能でした。
今回iOS11になって「Sprit View」時のドラッグ&ドロップに対応したりとパワーアップしてしたこともありますが、10.5インチになってからは1つ1つのアプリの見やすさが上がり、ブラウザで調べ物をしながらブログを執筆したり、YouTubeを視聴しながらネットを見たりと、「Sprit View」を多用するようになりました。

120HzのProMotionが滑らかで目から鱗


新しいiPad ProのRetinaディスプレイはProMotionテクノロジーを採用し、120Hzのリフレッシュレートに対応しました。

画面の動きがぬるぬるで、インターネットブラウザでのスクロールをするだけでも、指にぴったり吸い付いてくるような感覚が癖になります。

120Hzで一番恩恵が得られるのは、ApplePencilで絵を描くときです。
僕の使い方では今のところApplePencilの使い道がなさそうなので、購入していませんが、120HzになったことでApplePencilで描いたときの反応がよくなり描きやすくなるそうです。

4つのスピーカーがすばらしい

iPad Proは4スピーカーを搭載しています。Air2だと縦持ち時の画面下に2スピーカーしか搭載されていないので、横向きで動画や音楽を聴くときは、本体の片側からしか音が聞こえてきません。
4スピーカー搭載することにより、縦画面でも横画面でも、画面の両端から音が鳴るので、横画面でもとても聞きやすく、迫力もある音が鳴ります。

画面を縦横持ち替えたときに、スピーカーからの音も画面の左右から聴こえるように切り替わっています。

音質も重低音を求めなければ、外付けスピーカーを使わなくても、十分に満足のいく音でした。

「Smart Keyboard JIS」は打ちやすくて最高


写真だけ見たときは、こんな薄いキーボードで打ちやすいのかな?と不安でしたが、店頭デモ機を触ったときにあまりの打ちやすさに感動して購入を決めました。

薄いのにキーを押したときの打ち心地がしっかりしていて、僕の持っているMacBook Pro(2016)のバタフライキーボードと比べても、遜色なく快適にブログの記事が書けました。

MacBook Proのバタフライキーボードはタイピングしたときの音がやや大きく、静かな場所で使うときに気を使っていましたが、このSmart Keyboardはタイピング音がほぼ無で、静かな環境でも気にせずにガンガン打ち込むことができます。

また、9.7インチiPad Pro用のSmart Keyboardから、10.5インチiPad Proに合わせてサイズが大きくなったことにより、前モデルから買い替えた人からも打ちやすくなったと絶賛されているようです。

重さは気になるけど、分離して使えば快適


電子書籍を読みたいときなどiPadを手に持って使いますが、Smart Keyboardを本体後ろに畳んで持ってみると、結構ずっしりと重く感じて腕が疲れしまいます。

しかしSmart Keyboardはマグネットで接続されているだけで、簡単に本体と分離させることができるので、Smart Keyboardを使わないときは外して使うと本体も軽くなります。

キーボードの充電が必要ないのは便利


Smart Keyboardは、Smart ConnectorでiPad Proと簡単に接続できますが、iPadから電力が供給されるので、バッテリーと充電が不要なんです。

Bluetoothキーボードを使っていたときは、Bluetoothキーボードのバッテリーも気にしないといけなかったので、いざ使おうとしたときにバッテリーがなくて使えないといったことがありました。

このSmart Keyboardなら、iPadのバッテリーさえあればいいので、バッテリーのことを気にしなくていいので精神的にも楽です。

iOS11でパソコンの使用頻度が一気に下がった


最近登場したばかりのiOS11ですが、iPad Pro+Smart Keyboard+iOS11の組み合わせで、パソコンの使用頻度が激減しました。

iOS11では、Sprit Viewでのドラッグ&ドロップに対応し、メールに画像を貼り付けたりする作業がとても簡単になりました。
またMacOSみたいなドックが画面下部に設置され、よく使うアプリを配置しておくことで、いつでもどこでも好きなアプリを呼び出すことができるようになり、iPadがパソコンに近い使い方ができるようになりました。

画像や動画編集などクリエイティブな使い方などは、まだまだパソコンのほうが優れていますが、そういう作業をしない人や、僕のようにブログの執筆をするくらいであれば、iPadとSmart Keyboardの組み合わせでも大丈夫かもしれません。

このブログは開設したばかりですが、「iA Writer」というテキストエディタでiPadから快適に記事を投稿しています。

まとめ

これを買うまでは、MacBook Proをメインに使っていましたが、iPad Proが快適すぎて、MacBook Proの出番が一気に下がってしまいました。

MacBook Proよりも全然コンパクトで軽いので持ち運びもしやすく、iOSの幅広いアプリも使えます。今回のiOS11でパソコンに近付いたこともあり、パソコンがなくてもiPadだけで大体の作業ができるようになりました。

しかし完全にiPadのみだけにしてしまうにはまだ心配な部分もあります。
画像や動画編集はまだまだパソコンのほうに軍配が上がりますし、ExcelについてもExcelアプリはありますが、マクロなどの凝った使い方はできません。

このように完全にパソコン代わりにしてしまうには、まだ難しい部分もあるので、iPadをメインで使い、iPadでは困難な作業のときだけパソコンで補うといった使い方をしていけたらいいなと思っています。

iPhoneXみたいなベゼルレスのiPadが登場するんじゃないかとの噂もありますが、iPadがこれ以上のどんな進化を遂げるのか楽しみです。