基本料無料のスマートフォンを作る方法!「0SIM」「SMARTalk」

基本料無料のスマートフォン

docomo、au、SoftBankなどの大手キャリアの他に、最近では格安SIM(格安スマホ)が話題になっていますよね。
安いものだと月額500円くらいから持つことができ、使い方を工夫すれば、スマートフォンの支払いを大きく節約がすることができます。

そんな格安SIMの中には、なんと基本料無料で持つことができる夢のようなSIMカードがあるんです。

その無料のSIMカードとIP電話を組み合わせることで、基本料無料で電話とネットのできるスマートフォンが実現可能なので、実際に作ってみました。

2つのサービスを組み合わせることで、「基本料無料のスマートフォン」ができる!

500MBまで通信無料の格安SIMの「0SIM」

格安SIMも各社どんどん参入してきて、ビックリするくらい安いものや、ネット使い放題などの色々な格安が登場してきています。
その中でも、nuroモバイルの「0SIM」というSIMは、なんと毎月500MBまで無料で使うことができるものすごいサービスです。

参考サイト

一月に500MBを超えた場合は、その超過分の通信費だけ発生するシステムになっています。
500MBを超えさえしなければ、通信費の無料で請求は一切ないんです。
すごくないですか?

ヘビーユーザーの方にはあまり向いていませんが、スマートフォンをそんなにいじらない方や2台目には、本当にすごいSIMカードです。
080、090から始まる一般的な電話番号を付与したい場合は、基本料金が 700円がかかりますが、データのみのプランと、IP電話のみなら基本料無料で利用できます。

無料で電話番号が持てる「SMARTalk」

上で紹介した0SIMですが、無料プランの場合は電話番号がないため、電話がすることができません。

しかし無料で電話番号を付与して、電話ができるようになるサービスがあるんです!
それが「SMARTalk」です。

参考サイト

SMARTalkとは、IP電話でネット回線を利用して電話ができるサービスです。
このSMARTalkは、090、080で始まる電話番号ではなく、050から始まる電話番号が付与されます。

普通の携帯電話は090、080から始まる電話番号ですが、このSMARTalkはインターネットの通信を利用した電話なので、IP電話の050から始まる電話番号になるんです。
こちらも0SIMと一緒で、基本料は無料なのですが、通話した分だけ通話料はかかってしまいます。しかし通話料は携帯キャリアよりも断然安いです。嬉しいことに050同士の通話は無料で話し放題です。

必要なもの

  • SIMフリーのスマートフォン(docomoの端末でも可能な場合も)
  • 0SIM

まず準備しなければならないのが、SIMフリーのスマートフォンです。

docomo、auなどのキャリアのスマートフォン端末は、SIMロックと言って、docomoならdocomoのSIMカード、auならauのSIMカードしか使用できないようになっています。

SIMフリー端末とは、その制限が一切ないので、docomoでもauでも格安SIMでも、どの会社のSIMカードが利用できます。

そして、0SIMを利用するためには、SIMフリー端末かdocomoの端末(0SIMはdocomoの回線を使っているため)じゃないと利用できません。

携帯会社のSIMロックされた端末でも、キャリアのショップで「SIMロック解除」という、SIMフリー端末化をしてもらえる場合もあるので、一度確認してみるといいですよ。

0SIMのSIMカードは、0SIMのホームページから申し込みすると、数日で送られてきます。

実際にiPhone 6sを基本料無料化してみた

先日、iPhone 6sからiPhone Xに変えたので、余ったiPhone 6sを予備機にしてみることに。
そのままだと外で使えないので、前から気になっていた0SIMを入れてみたら面白そうだなと思い、基本料無料のiPhoneを作ってみることにしました。

1.キャリアでSIMロック解除をしてもらう

SIMフリー版、docomoのiPhoneならそのまま0SIMを使うことができますが、私の持っていたのは、auのiPhone6sです。

そのため0SIMを使うためには、auショップかauのホームページからSIMロック解除をしてもらわないと使えません。

auショップだと事務手数料が取られてしまいますが、auのホームページからだと無料でできました。

2.「0SIM」を申し込む

0SIMの申し込みはホームページから、SIMカードのサイズ、名前、住所、クレジットカードの番号を入力するだけで簡単に発行ができます。

SIMカードのサイズだけは間違えないように注意してください。

0SIMのホームページには、申し込んでから届くまで1週間ほどと書いてありますが、私の場合はわずか3日で到着しました。

3.「0SIM」を端末に差し込む・初期設定

0SIMが届いたら、SIMカードを端末に差し込みます。
小さいので差し込む方向を間違えないように注意しましょう。

SIMカードを入れて電源を入れたら設定を行います。
iPhoneの場合は、0SIMのホームページから、プロファイルという通信に必要なプログラムをインストールするだけで、簡単に使用できるようになりました。

4.「SMARTalk」をインストール&登録

無事に0SIMで通信できるのを確認したら、電話アプリのSMARTalkをインストールします。

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-

Rakuten Communications Corp.posted withアプリーチ

アプリを立ち上げると、登録画面が表示されるので、そこから名前や住所を入力して登録します。
登録が完了すると、050から始まるIP電話番号を入手できます。
他の電話からその番号に電話して、ちゃんと発着信ができるのを確認できれば、基本料金無料のスマートフォンの完成です!

使ってみた感想

通信が遅すぎる

特に平日の昼休みの時間などの混雑する時間帯は、通信が遅すぎてネットが使い物になりません。
ひどいと0.2Mbpsくらいしか出なく、まともに通信ができないんです…
混雑する時間だけなら割り切ることもできますが、それ以外の時間帯でも、そのくらいの速度しか出ないことも多々ありました。

メールや掲示板などの、少量の通信ならできますが、画像の読み込みは正直厳しいです。
LINEのメッセージは大丈夫でも、スタンプが送られてきたときに、しばらく表示されないといったこともあります。

無料のため割り切るしかないので、事前にダウンロードしていた電子書籍や、通信の必要ないゲームなどで通信を使わない楽しみ方をしたり工夫するしかないです。

通信が遅い時間帯はSMARTalkが安定しない

通信が遅すぎると、SMARTalkが全然使えませんでした。

090、080の番号なら、ネットが混みあってても問題なく電話ができるので、心配な方は契約したほうがいいです。

500MB未満に抑えるのは意外と難しい

気をつけて使っているつもりでも、月500MBはあっさり越えます。

ネットサーフィンだけでも結構使ってしまうので、やっぱりWi-Fi環境での使用がメインの人じゃないと難しいなと感じました。

【まとめ】0SIMの通信が安定していないと運用は難しい…!

0SIMを使ってみて思ったのが、やはり通信速度が遅すぎること。
無料なので、あまり文句は言えませんが、遅くても使える速度は最低でも出てほしかったですね…
いくら無料でも使いたいときに使えないのはやっぱり困ります。

サブ用のスマートフォンを持ちたい方や、Wi-Fi環境でしか使わない方にはいけると思います。

無料ではないが、通信が安定している「UQ mobile」のほうが絶対にいい!

0SIMも悪くはないのですが、混雑時間では速度が遅すぎて、まともに使えないのでストレスが溜まりますし、いざという時に困ります。
500MBの容量も、ネットしてるだけであっという間に上限に行ってしまいますし、SMARTalkでの通話も結構な通信量を消費します。
何だかんだで、500円くらいは掛かってしまいます。

そこで、どうせお金がかかるなら、もっといいサービスを契約したほうがいいと思って見つけたのが「UQ mobile」です!

混雑時でも通信速度が速い!

0SIMの問題点は、昼休みの時間では通信が遅すぎて使い物にならないことです。
格安SIMは一般的に、docomoやauなどの大手キャリアから回線の一部を借りて、格安で通信を提供するというサービスですが、0SIMは無料のせいなのか、混雑時は他の格安SIM以上に遅くなります。

UQ mobileは、格安SIMの中でもトップクラスの速度を誇り、平日の昼休みなどの混雑時間でもスイスイと、docomoなどの大手キャリアに引けを取らない速度が出るんです。

雑誌で各社格安SIMの速度比較をした記事があったのですが、実際にUQ mobileが一番速いという結果が出ています。

SMARTalkは通信が安定していることが大事

SMARTalkは、普通の電話と違い、ネット回線を使って通話する仕組みのため、通信が安定していないと、音質が悪くなったり、通話ができません。
0SIMの場合、昼休みの時間帯はネットすらまともにできないので、SMARTalkも使えないに等しいのです。
大事な電話に出られなかったりしたら大変ですよね…

速度に定評のあるUQ mobileは、昼休みの時間でも通信が安定しているため、SMARTalkも問題なく使えるので、着信に答えられなかったりすることはほぼありません。

1.5GB以上使った場合は「0SIM」よりも「UQ mobile」のほうが安い!

UQ mobileのデータ通信プランは、3GBで980円です。
基本料無料の0SIMと比べたら少し高く感じてしまいますが、状況によってはUQ mobileのほうが実はお得なんです。
0SIMは500MBまでは無料なんですが、500MBを以上使った場合は、100MBごとに 100円が加算されます。
1GBを使用した月は500円に上がり、1.5GB以上使用した月では1000円以上掛かってしまうんです。
つまり、1.5GB以上使った場合は、UQ mobileのほうが安くなり、使いすぎても通信制限がかかって通信が遅くなるだけなので、980円以上掛かることはありません。

0SIMよりも全然余裕がありますし、使いすぎて通信費が高くなるという心配もありません。

速度の安定しているUQ mobileのデータ専用プランと、SMARTalkのIP電話の組み合わせはおすすめです(・∀・)