価格.comで1位になった掃除機「マキタ CL107FDSHW」【レビュー】

掃除機を買おうと思い、最初はダイソンかパナソニックの細いスティック掃除機を買おうと思っていたのですが、ネットを見ていると、価格.comで1位を獲得したこともある「マキタ CL107FDSHW」という掃除機を知りました。

この掃除機は値段が2万円もしない値段で購入でき、業務用としても使われている、なかなかすごい代物らしいのです。
ダイソンと比べればだいぶ安く購入できるので、もしダメだったら予備の掃除機として使えばいいかなと思い、購入してみました。

3ヶ月くらい前に購入したのですが大変人気でどこも品切れで、入手するのが困難だったんです。
掃除機でこんな話しは中々聞きませんよね。

そんな大人気掃除機を3ヶ月使用してみた感想レビューを書いていきたいと思いますので、掃除機選びで迷っている方の参考になればと思います。

凄すぎる!CL107FDSHWの特徴


本当は購入したときに写真を撮りたかったのですが、まだこのブログを始めていなかったので、3ヶ月使用した商品の写真になります。少し汚れていますがご了承くださいm( )m
買ったばかりのときはピカピカで、決して最初から汚れているわけではありませんのでご注意ください。

1.1kgと軽量で、コンパクトで軽量な掃除しやすいボディ!


この掃除機の1番の特徴が、1.1kg(バッテリー含む)の超軽量なボディです。
掃除機は重さが重要で、重い掃除機では掃除するのも大変です。
このCL107FDSHWは、バッテリーを含めても1.1kgしかないので、掃除もしやすく、子供や女性の方でも楽々持てます。

紙パック式なので、手入れが不要!


最近はどのメーカーもサイクロン方式の紙パックがいらないタイプばかり販売しています。
しかし、サイクロン式の掃除機は手入れが大変なんです。
紙パック式はゴミが溜まったら、そのまま紙パックごと捨ててしまえばいいですが、サイクロン式はフィルターに詰まったゴミまで掃除しないといけません。

この掃除はスティック式なのに珍しく紙パックを採用していているので、掃除後の手入れも楽チンです。

紙パック代が掛かると思いますが、紙パックってそんなに高くないので、まとめ買いしてもそこまで掛かりません。

紙パックをうっかり切らせてしまったときでも安心!


リサイクルして使えるパックも付属しているので、中に溜まったゴミを捨てることで繰り返し使うことができます。

バッテリーは分離型!バッテリーの持ちもいい


マキタといえば、電動工具メーカーで有名ですが、この掃除機にも電動工具のバッテリーが採用されています。
使用時間(強:約12/標準:約25分)

強モードは12分で、標準モードだと25分も使用できます。
25分もあれば、余程広い住宅でなければ、余裕で掃除できますよね。

また標準のバッテリー以外にも大容量のバッテリーもあります。


充電は専用の充電器に、掃除機から取り外したバッテリーを装着すると充電ができます。

掃除機とは思えないですよね(笑)

電動工具のバッテリーとも共有できるらしいです。

コスパが良すぎる値段!

この掃除機は15000円ほどと掃除機の中でもそんなに高くない値段です。
ダイソンなどになると30000円くらいはするので、半分くらいの価格で購入ができます。

性能もよく、とてもリーズナブルな価格なので、コスパの良さがこの掃除機の人気な理由です。

3ヶ月使って良かったこと

軽くてコードレスなので、掃除が気軽にできるように

この軽さとコードレスなことで、掃除がいつでも気軽にできるようになりました。

これまでの掃除機では、コードを伸ばして、コンセントを挿してという作業が必要でしたが、この掃除機だと掃除したいときにパッと掃除ができるので、コードレスなのがこんなにも楽なのかと感動しています。

重さもとても軽いので、掃除していても腕の疲れも少ないです。

この掃除機1台で全然問題なし

2LDK(階段あり)のアパートで暮らしていますが、このハンディクリーナー1台だけで、まったく問題なく掃除できています。

広いところも他の掃除機と同じように使え、コードレスで階段の掃除や狭いところも楽々掃除ができます。

階段の掃除も楽チンです。

バッテリー持ちがいい!

コードレス掃除機の弱点は、バッテリー持ちです。
ダイソンなどの高めの機種はそれなりのバッテリーが積まれているの問題ないですが、安い掃除機ではバッテリーがすぐなくなってしまったり、へたってしまうということもあります。

しかし電動工具メーカーのマキタは、電動工具と同じバッテリーを使っているので、バッテリーの駆動時間については心配する必要はありませんでした。

標準モードで使っていれば、最高25分持つので、一般的な広さの住宅であれば十分に持つと思います。

それでも持たなそうな人は、大容量のバッテリーもオプションで販売されているので、それを使うと最長60分も掃除が可能になるらしいです。

また急速充電でたったの22分でフル充電ができてしまいます。
万が一、掃除の途中で無くなってしまっても、ちょっと休憩でもしていれば、再び使用できるようになっています。

やっぱり紙パック式は楽!


やっぱり掃除機は紙パック式が楽です。

吸引力などを考えるとサイクロン式なんでしょうが、掃除が終わったあとに掃除機の手入れもしないといけないのが本当に面倒でした。

紙パック式はゴミが溜まったときに、そのまま捨てて、新しい紙パックを付けるだけでいいのでいいので、掃除機の手入れがほとんどいらないので、めちゃくちゃ楽です。

吸引力は十分な性能!

よくダイソンなどの掃除機と比較されていますが、この掃除機でも必要十分な吸引力でした。

標準モードでも十分ですが、カーペットなどでは強モードに切り替えることで、強力な吸引力を発揮します。

マキタの掃除機は清掃業者でも使われているくらいなので、結構気持ちよくゴミを吸ってくれます。

紙パック式の掃除機は、紙パックのゴミがいっぱいになってくると吸引力が少しずつ落ちてきます。
吸引力が落ちてきたなと思ったら、すぐに紙パックを交換すると回復します。

LEDライトが地味に便利!


本体にちょこんと付けられたLEDでですが、暗いところを結構明るく照らしてくれます。

掃除していると、クローゼット中や家具の隙間など、明かりが届かないところもありますよね。
そんな絶妙なところを明るく照らしてくれます。

車の掃除にも使えるのが便利


車の中は埃のほか、砂や小石もたくさん落ちています。

ダイソンのようなサイクロン式の掃除機だと、砂や小石は故障の原因になりやすいと聞いたことがあります。
故障しなくてもゴミの溜まる容器の透明な部分が傷だらけになるそうです。

紙パック式の掃除機は紙パックの中で溜まるだけなので、小石などを吸っても大丈夫です。

また軽くてコンパクトなので、シートの下など狭い場所でも楽々掃除が可能です。

気になった点

紙パックがいっぱいになったときのお知らせがない

紙パックがいっぱいになると、ランプなどで知らせてくれる掃除機もありますが、この掃除機にはそういったものがありません。

心配なので、掃除が終わる度に紙パックを開けて確認していますが、少し面倒なので、お知らせランプみたいのがあったらいいなと思いました。

バッテリーがなくなるときは、LEDが点滅して教えてくれるので、

充電器の騒音が少し気になる

ごつい充電機に、バッテリーをはめて充電させるのですが、冷却用のファンが入っているみたいで、充電中は「ゴーッ」という音がします。

そんなに大きな音ではないですが、静かな部屋や就寝時には気になります。

明るいうちに充電するか、誰もいない部屋で充電することで解決しました。

【まとめ】掃除が友達になる掃除機!

3ヶ月使ってみましたが、非常に満足度の高い掃除機で、本当に買ってよかったと思いました。

これまでコード式のサイクロン式の掃除機を使っていましたが、本体がめちゃくちゃ重たかったり、コンセントを探して挿すのが面倒だし、溜まったゴミを手入れしたりするのが本当に面倒で、掃除するのがすごく億劫でした。

しかしこの掃除機は、驚くほど軽く、コードレスでどこでも掃除が非常に楽になりました。
溜まったゴミも紙パックの交換するだけでOKなので、なんと掃除が嫌いだった僕が、掃除が大好きになりました。

おすすめしたい方

  • そこまで広い住宅じゃない
  • 1人暮らしの掃除機
  • いつでも気軽に掃除したい
  • コード式の掃除機は面倒
  • サイクロン式の手入れが面倒
  • コスパが良い掃除機がいい
  • 車の掃除もしたい

1人暮らしの方から一軒家にお住まいの方までどんな方にもおすすめできる掃除機です。
バッテリーの持ちもいいのですが、バッテリー駆動時間に不安がある方は、大容量のバッテリーを追加することをおすすめします。

ダイソンなどのサイクロン式の掃除機もいいのですが、手入れが面倒な方には「マキタ CL107FDSHW」は本当におすすめです!

関連記事